学校の英語の教え方

英語の勉強についてですが、なぜあそこまで文法を重視した

勉強をしていたのか、理解できない部分があります。

文法が重要でないとはいうつもりは全くありませんが、

今の日本の英語教育においては大学受験での堅い文章を

翻訳していく試験を終わると英語としては全く役に立たなく

なってしまうということは認めなければいけないと思います。

会話の表現なんて、ほとんど基礎の基礎部分しか教わることは

ありませんでしたし、まともに海外の人と会話なんてほど

遠い話になってしまっています。

朝から晩までSVOCと文の構造を調べ、日本語訳を当てはめることに

必死になってきても言葉として英語を話すことが

できないのは当たり前の話です。

実際に目の前にネイティブの方、もしくはネイティブに準ずる

英語は把握している方とコミュニケーションを取っていかなくては

英語が話せるようになるはずがないのです。

あまりにもひどい勉強のやり方である以上、学校の勉強を

一生懸命やっているだけで話せないのは当たり前といえるでしょう。

イライラを抑える方法

次の記事も読んでね!!

  1. 学校の英語の教え方
  2. テスト